読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パリ発 写真で時空を超えた小旅行 『 VENI! VIDI ! AMAVI !   来た 見た 愛でた』 

心が洗われる様な景色、ビロードの肌触りのホテル、魂が震える料理、必見の美術館やイヴェント等を、出し惜しみしながら教えちゃいます…。

パリの夜景は一味違う。。。

夜景。

 

ロマンチックだったり。

うら寂しかったり。

オドロオドロしかったり。

 

心に染み入る情感だったり。。。

 

 

どう見えるか、どう感じるかは、その時の心の在り方しだい。

 

 

 

f:id:europe_visite:20160704021001j:plain

 (我が家の窓から)

 

 

手足の体毛が伸びはじめ、耳が尖ってきて、胸のボタンが弾けて、ウオオーンと叫び出しそうでしょ(^^)

 

 

 

ところで、パリの構造上の中心で空間の美の極みが、コンコルド広場。

 

 

 

f:id:europe_visite:20160704033113j:plain

 (コンコルド広場1)

 

 

イタリアの歴史学者でジャーナリストのモンタネッリが、シエナのカンポ広場をして「ここは単なる広場ではない。一つの宇宙だ」と言った。

 

それに習うなら、パリのコンコルド広場は「そこは一つの銀河だ」と、言っても過言ではないと思うのです。

 

 

 

f:id:europe_visite:20160704033144j:plain

 (コンコルド広場2)

 

 

 

さらには。

 

パリと言えばオペラ座。

 

モスクワのボリショイ劇場と、サンクト・ペテルスブルグのマーリンスキー劇場と並んで、世界の三大劇場と言われます。

 

 

f:id:europe_visite:20160704021746j:plain

(オペラ座ガルニエ宮) 

 

 

内部の素晴らしさは、ため息物ですが、それはまた別の機会に譲りましょう。

 

 

 

そして、ヴァンドーム広場も欠かせない。

 

古い写真で粒子が粗いですが、お許しを。

 

 

 

f:id:europe_visite:20160704021813j:plain

(ヴァンドーム広場)

 

 

最高級のホテルと、世界に冠たる高級宝石店が軒を連ねる広場は、パリの他の場所と違って歩道と車道の段差がなく、白御影石で葺いてあるので、昼間の広場もとても明るく輝いて見えます。

 

 

 

ここですこし変わった夜景を。

 

EUを記念して、EUのシンボルカラーにライト・アップされたマドレーヌ教会。

 

 

f:id:europe_visite:20160704021250j:plain(マドレーヌ教会)

 

 

 

そして、パリの定番といえば。。。

 

フランス人以外の世界中の人たちが、パリの代表的シンボルと思い浮かべる、ナンバー1がエッフェル塔なのですね。

 

まず通常の夜景。

 

 

f:id:europe_visite:20160704021903j:plain

(エッフェル塔1)

 

 

それから、点滅。

 

毎時5分間だけ22000灯のハロゲン電球が点滅します。

 

 

f:id:europe_visite:20160704021942j:plain(エッフェル塔2)

 

 

 

さらにエッフェル塔に次いで、世界中の人たちがパリと聞いて思い浮かべる記念物<その2>が、凱旋門。

 

 

f:id:europe_visite:20160704020617j:plain

(2024年オリンピック招致の凱旋門)

 

 

パリは2024年のオリンピックに立候補しています。

 

そのキャンペーンで照明された『エトワールの凱旋門』

 

ちなみに、パリで凱旋門と言うと四つ有ります。

それぞれ、曰く因縁も呼び名も違います。

 

 

 

そしてパリの発祥の地に、500年間にわたって欧州の大半に広がった文化「ゴシック」を生み出す雛形となった『ノートル・ダム大聖堂』が、フランス国土の中心「道路元標」として君臨します。

 

 

遠景をセーヌとともに。

 

 

 

f:id:europe_visite:20160704022016j:plain

(セーヌ川とノートル・ダム大聖堂)

 

 

 

極め付けに機内から撮った一枚を。

 

エッフェル塔が点滅中!

 

 

f:id:europe_visite:20160704022050j:plain

 

 

 

でも。

 

夜景の素晴らしさは、当然ながらパリだけではありません。。。